自宅宛ての郵便物を私設私書箱に転送できますか?

郵便局には「転居・転送サービス」と呼ばれる制度があり、お引越しなどの際に郵便局へ「転居届」を出すと、1年間、旧住所宛の郵便物を新住所へ転送してくれます。(インターネットでも手続き可:e転居

ただし、この制度はあくまで実際の移転を前提とした制度なので、住んでいない場所(会社等)への転送は受け付けてもらえません。
(参考:日本郵便FAQ「入院中の親族に代わり転送を受けたい」)
※病院へは転送可能。

上記のような理由で当私設私書箱では、郵便局の転送制度を利用して、ご自宅宛の郵便物を当私設私書箱へ転送する事は推奨しておりませんが、転送されてきた場合は、通常通り受取・保管(最長30日間)をさせていただいております。

郵便局の転送サービスのご利用につきましては、お客様のご判断と自己責任にてご活用くださいます様お願いいたします。